子育てママの家づくり

2019年に「FPの家」でマイホームを建てました。

【Web内覧会】造作洗面台|洗面台は脱衣所と分けた方が便利な理由

f:id:ietatemama:20200207193014j:plain

 

ご訪問ありがとうございます。

今回は、造作洗面台についてご紹介します。

 

洗面台を脱衣所の外にした3つのメリット 

誰かがお風呂に入っていても使える

洗面台の絶対条件は、脱衣所の外。

数ある間取り要望の中でもかなりの上位にくる要望でした。

「誰かがお風呂に入っていて洗面台が使えない(>_<)」なんてことありませんか。

それを回避したくて、洗面台は脱衣所の外に設置しました。

外と言っても、脱衣所の真横なので使い勝手は良いです(*^-^*)

お風呂の回転率が上がる

今までは、【お風呂に入る→脱衣所の洗面台で髪を乾かす】ので、1人当たりのお風呂時間が長かったんですが、髪を乾かすのが脱衣所の外になったため、すぐに次の人が入れます。家族の人数が多いと嬉しいですね(^^)

お客様にプライベート空間を見られなくて済む

お客様が手を洗いたい時、脱衣所の洗面台で手を洗ってもらうと、プライベートが丸見えになってしまいます。

片づけが間に合ってないと慌てて整理整頓したり、ちょっとバタつくことも( ;∀;)

子供の友達が遊びに来たときも、子供の手洗いは必須。

家に来た時、おやつを食べる時、遊んだ時など、手洗いの回数が多いものです。

だから、プライベート空間を見られなくて済むのは安心です。

自分好みの洗面台が造れる造作洗面台

造作洗面台は、洗面ボウル、カウンター、タイル、鏡など、1つ1つカスタマイズして自分好みに造る洗面台のことです。

自分好みに造れる一方、デメリットもあります。

故障したときの保証がないとか、使い勝手がイマイチだったり。

使い勝手を重視するなら、断然システムタイプの洗面台の方が多機能ですね。 

f:id:ietatemama:20200207183212j:plain

造作洗面台

幅1,200㎜の広々カウンターでお化粧もできる

広々カウンター

カウンターは、幅1,200㎜×奥行550㎜。

洗面ボウルは右寄せにし、左半分は座って髪を乾かしたり、お化粧ができるスペースにしました。

洗面台の下にはもう1段棚を付け、かごを置いてます。

奥行140㎜の笠木は役立つ

カウンターからミラーの間が腰壁になっていてタイルを貼っています。

その上の笠木は、幅1,200㎜×奥行140㎜。

小物を飾ったり、コンタクトの一時置き場にしたり、意外と役立つスペースということが住んでから分かりました。

f:id:ietatemama:20200207191628j:plain

笠木

スクエアの洗面ボウル:パナソニック「アクアファニチャー」

コンパクトで広く使える洗面ボウル

パナソニックの「アクアファニチャー」は、幅500㎜×奥行350㎜。

水栓が右奥に付いているので、コンパクトながら広く使えるのがメリットです。

でも、手を洗う分には問題ありませんが、顔を洗うにはそ~っと洗わないとカウンターがビショビショになります。

また、洗面ボウルとカウンターの間に水が入り込むので、テープを貼ろうか検討中です。

う~ん、やっぱり使い勝手はシステムタイプに勝るものはありません。

f:id:ietatemama:20200207190405j:plain

洗面ボウルとカウンターの隙間

洗面ボウルの設置位置

洗面ボウルを置く位置もコーディネーターさんと相談しながら決めました。

手前を110㎜、奥を80㎜、右横を145㎜空けました。

右横も普段は歯ブラシなどを置いたりしてます。

f:id:ietatemama:20200207184341j:plain

洗面ボウル:パナソニック「アクアファニチャー/スクエアタイプ」

幅1,200㎜の大きなミラーで、広く明るい効果

ミラーは、カウンターの幅に合わせて幅1,200㎜×高さ700㎜の大きな鏡を作ってもらいました。

ミラーのフチは、額縁のような面取りをしてあります。

大きなミラーは、その空間を広く明るくさせる効果があるようです。

f:id:ietatemama:20200208164257j:plain

幅1,200㎜のミラー

キッチンパネルでクロスの汚れとおさらば

以前住んでいたアパートは、洗面台の横のクロスが水はねで黒いカビが( ゚Д゚)

洗面台とクロスの狭い隙間なので、掃除できず……。

それを教訓に、洗面ボウル側の壁はキッチンパネルにしました。

水はねをしても拭いて掃除ができるので、清潔でおすすめです!

追加代金は約35,000円でしたが、その価値は十分ありだと思います。

f:id:ietatemama:20200207185136j:plain

洗面ボウル側のキッチンパネル

リクシルの「ミックスモザイク/コロリート」でおしゃれな洗面台に

洗面台の正面には、リクシルのショールームで一目ぼれしたタイルを貼りました。

ただ、ショールームで見たときはもう少しベージュがかっていたように見えましたが、でき上がりは思ったよりグレーがかっている(;'∀')

やっぱりショールームは照明の加減で色が違って見えるんですね。

でも、気に入っているので愛着を持って使っていきたいです。

※こちらのシリーズ、端部品がないため、両端の処理方法はご注意ください。(2019年3月現在)

 

幅1,200㎜×高さ370㎜にタイルを貼り、施工費合わせて約89,000円かかりました。

もちろんタイルの種類やハウスメーカーにより金額は異なりますが、これからタイルをどこかに貼ろうと検討中の方は、参考にしてください。

f:id:ietatemama:20200207185734j:plain

タイル:「ミックスモザイク/コロリート」IM-TR/CLR-2

シンプルな電球型の照明

照明は、シンプルに電球型にしました。

f:id:ietatemama:20200207185936j:plain

照明:コイズミ「AH49035L」

 次回の内覧会は「お風呂」を予定しています(*^-^*)