子育てママの家づくり

工務店で建てるアメリカンハウス

小学1年生のランドセル重い問題|ランドセルを軽くする5つのコツ

f:id:ietatemama:20200527164733p:plain

ご訪問ありがとうございます。

 

我が家の長男は春から小学1年生

楽しみにしていた学校生活も、ずっとお休みのまま。

先日、やっと自粛生活も終わり、分散登校が始まりました。

しかし、ウキウキ気分とは裏腹に「ランドセル重い問題」に直面しました。

 

小学1年生の過酷すぎる現実   

ランドセルは、何も入っていなくても1Kg~1.5㎏ほどあります。

そこに、教科書やら荷物を詰めると平均で6Kgくらいになるようです。

中には10㎏超えも(;'∀')

 

使い始めのランドセルは、革が硬いのでまだ体に馴染んでいません。

 

ランドセルを背負い、水筒をかけ、帽子をかぶり……、

そして今年の極めつけは、「マスク」

これから暑くなる中、マスク姿で重い荷物を背負って歩くのは、小学1年生にとっては相当過酷です。

 

もともと体力に自信がない長男。

それに加えて、自粛生活での運動不足

案の定、帰ってきた時には、今にも倒れそうにへとへと。

 

毎日歩くことで、少しずつ体力も付いてくるとは思います。

しかし今年は、夏休み短縮の連絡もあり、今から登下校中の熱中症が心配です。

ランドセル重い問題

ランドセルはなぜ大きくなったのか

ランドセルは昔に比べると大きくなっています。

 

ランドセルが大きくなった理由

・教科書を毎日持ち帰る

・「脱ゆとり教育」で教科書のページが3割ほど増えた

・配布プリントが「B5サイズ」から「A4サイズ」になった

 

その結果、首や腰に痛みを訴える子どもたちが増え、「ランドセル重い問題」が出てきました。

「置き勉」ができるようになった

「ランドセル重い問題」により、2018年文部科学省が全国の教育委員会に「重量に配慮するように」と通知を出しました。

それにより、宿題に使わない教科書は学校に置いて帰る「置き勉」が認められるようになりました。

ランドセルを軽くする工夫 

学校によっては、ナイロン製リュックを採用したり、タブレット学習で軽量化の工夫をしている学校もあるようですが、大半の学校はまだまだランドセルです。

 

「置き勉」になったとは言え、小さな体にはまだ重いことに変わりはありません。

そこで、少しでも軽く感じる方法をご紹介します。

ランドセルと体に隙間を作らない

ランドセルと体に隙間があると、後ろに引っ張られる重力が働くため、重く感じるようです。

できるだけ、ランドセルと体に隙間を作らないように調整しましょう。

 

また、ランドセルの高さが肩よりも上に来るのもポイントのようです。

 

f:id:ietatemama:20200527150849j:plain

出典:セイバンHP

 

重い荷物は背中側に入れる

重い荷物を体から遠い外側に入れると、重心が後ろに移動して不安定になってしまいます。

重い荷物は背中側、軽い荷物は外側に入れましょう。

f:id:ietatemama:20200527160557j:plain

肩パッドを使う

市販の肩パッドを使って肩への負担を軽減できます。

 

チェストベルトを使う

市販のチェストベルトを使って、肩ベルトがずれないようにすると楽になります。

 

中身の軽量化

重い荷物はないか、チェックしてみましょう。

ペンケースも布製のものにすると少し軽量化できます。

 

まとめ

個人的には、軽くて丈夫な「アネロのリュック」で登校させたいくらい。

でも、現実はなかなかそうもいきません(;'∀')

せめて低学年だけでもリュックを認めてくらたらな~と思います。