子育てママの家づくり

2019年に「FPの家」でマイホームを建てました。

不器用な次男とブラウスボタンとの戦い

ご訪問ありがとうございます。

 

我が家には6歳の長男と4歳の次男がいます。

 

次男はウルトラマンが大好きな戦闘型で、日々見えない敵と戦っています。

 

そんな彼の前に、幼稚園に入園して最大の敵が現れました。

それは、制服のブラウスボタン。

ブラウスのボタンは直径1センチほど。

それが5つ付いています。

f:id:ietatemama:20200227163014j:plain

2歳上の長男は、手先が器用なため、ボタンはすいすいクリアして、親も手がかかりませんでした。

 

でも次男は違う。今まで、アンパンマンのパジャマの直径2センチほどのボタンでさえ苦戦していた(;'∀')

こんな小さなボタンを自分で付けられる日が来るのか?

 

案の定、毎朝、毎朝ボタンと格闘する日が続きました。

 

次男:「付けれない~、ママやって(泣)」。

 

それでも、幼稚園に入園して半年ほどすると、何とかボタンを付けれるようになってきました。

ちゃんと成長するんですね(*^-^*)

 

しか~し、

次男:「ボタンできた~」

満面の笑みで、嬉しそうに報告してきます。

 

でも、そんな嬉しそうな顔とは裏腹に、見事にボタンがずれてる(;'∀')

 

幼稚園のブラウスは白。ボタンも全部白。

確かに分かりにくいです。

せめて、ボタンをいろんな色で変えてくれると分かりやすいのに。

 

ママ:「残念だけどボタンがずれてるね。もう一回頑張ろうか」

次男:「え~(泣)」

 

まだまだ彼とボタンとの戦いは続きそうです。

 

そんな時パパが「ボタンは下から付けると間違いがないよ」

そっか、その手があった!

もっと早く教えてほしかった。

 

次男は、ボタン以外にも、ズボンは前後逆、トレーナーも前後逆、靴は左右反対。

一応、目印のワッペンを付けているつもりですが、彼には見えてないようです(-_-;)

 

ママ:「前と後ろ違うよ~」

次男:「これでいいの!」

 

ズボンは、後ろのポケットが前に付いていた方が、おもちゃをいろいろ詰めれて便利なようです。 

いつになったら、正しい着方をしてくれるのでしょうか。

 

そんな彼の今の課題は、はさみで紙を滑らかに切ること。

 

最後までお付き合いありがとうございました。