子育てママの家づくり

2019年に「FPの家」でマイホームを建てました。

子犬の育て方|今日から一緒に暮らすためのペット用品10

f:id:ietatemama:20200311122638j:plain

ご訪問ありがとうございます。

ペット用品はいろんな種類があって悩みますよね。

子犬を我が家に迎えるとき、何をそろえたらいいのかお教えします。

 

ペットサークル

ペットサークルを置く5つの目的

「狭いところに入れるとかわいそう」、「お部屋で自由にさせてもいい?」という声をよく聞きますが、ペットサークルにはとても大事な役割がたくさんあります。

1.トイレトレーニングのため
部屋の中で自由にしてしまうと、あちこちで排泄してしまいます。
サークルを使うとトイレトレーニングがスムーズになります。
 
2.安心できる場所を作るため

子犬は1日14~17時間は寝ています。

静かで落ち着ける場所を用意してあげましょう。

 

3.お留守番のため

留守中のワンちゃんは、ココぞとばかりにいたずらし放題!

クッションの綿を出したり、ゴミ箱をあさったり、コードをかじったり……。

思わぬ物を飲み込んでしまうこともあります。

ワンちゃんの安全のためにも、留守の時はサークルに入れましょう。

 

4.来客のため

すべてのお客様がワンちゃん好きとは限りません。

快くおもてなしするためにも、来客時はサークルに入れておくと安心です。

 

5.ペットホテル練習のため

旅行でペットホテルに預けたり、急な体調不良でワンちゃんが入院。

そんな時、普段からゲージに慣れていないワンちゃんにとっては、それだけでストレスとなり、体調を崩すことも多々あります。

日ごろからサークルに入る習慣を付けておきましょう。

 

ペットサークルの大きさ目安

小型犬の場合は、900㎜×600㎜が標準的な大きさです。

トイレトレーニングが終わったら、サークルの半分をトイレ、残り半分を寝床にしましょう。

中型犬・大型犬の場合、子犬の内は900㎜×600㎜でも十分ですが、成犬になると狭いので、もう少し大きめがおすすめです。

 

おすすめのペットサークル

リッチェルの「お掃除簡単サークル」は画期的!

通常、サークルの外から前かがみになって掃除します。

下からトレーを引き出せるので、毎日のお掃除が楽になります。 

 

トイレシート

トイレシートの大きさは、レギュラー、ワイド、スーパーワイドの3種類。

選ぶときに大事なのは、ワンちゃんの体が全部乗る大きさであること。

  

最初は「ワイド」がおすすめです。

900㎜×600㎜のサークルなら、「ワイド」2枚がピッタリ。

サークルいっぱいに敷いておきましょう。

トイレを覚えてきたら、ちょっとずつ敷く面積を小さくしていきます。

「スーパーワイド」1枚でもいいですが、「ワイド」2枚の方が、汚れたところだけ取り替えられるので便利です。  

 

これもあると便利!

排泄したトイレシートも部屋の中だと臭いが気になるもの。消臭袋があると安心です。

 

トイレトレー

トイレシートだけ敷くと、ずれてきたり、ビリビリにして遊んだりします。

トレイシートを固定するトイレトレーがあると便利です。

ビリビリしてしまうワンちゃんには、メッシュ状のものもありますが、網目に汚れが入り、掃除がちょっと大変です。 

 

ドッグフード

初めは、必ず今までと同じドッグフードをあげましょう。

いきなりドッグフードを変えてしまうと、好みで食べなくなったり、下痢をしたりします。

もし途中で変える場合は、1週間くらいかけて2種類のフードを混ぜながら、変えていきましょう。 

 

エサ入れ

エサ入れは、体の大きさに合ったものを選びましょう。

小型犬の場合、深いお皿は食べにくいので、浅めのお皿にしましょう。

清潔面を重視するなら、ステンレス製がおすすめです。 

 

水入れ

小型犬の場合は、ボトルタイプがおすすめです。

埃が入りにくく、お皿をこぼす心配がありません。 

中・大型犬は、ボトルタイプでは物足りないので、お皿にしましょう。

こぼすのが心配なら、サークルに付けられるものが安心です。 

飲んだ分だけ自動で補給され、飲んだ量が分かりやすい優れものです。

 

ベッド

ワンちゃんが過ごすところは、床からの冷気で寒いことが多いです。

ワンちゃんは、薄暗くてこもれるところが落ち着きます。

夏はひんやりベッド、冬はドーム型と、季節に合わせて使い分けましょう。 

お手入れ用品

ワンちゃんの毛の長さに合ったブラシを選びましょう。

 

・短毛種(パグ、フレンチ・ブルドッグ、スムースヘアーなど)
 ラバーブラシ
・長毛種(トイ・プードル、マルチーズ、コッカー・スパニエルなど)
 スリッカーブラシ・くし
・その他(ダックス・フンド、柴犬、コーギーなど)
 スリッカーブラシ
 
スリッカーブラシは、トリマーさんの必須アイテムです。
よく「痛そう!」という声を聞きますが、力加減を考慮してあげれば大丈夫。
肌を痛めないように、優しくブラッシングしましょう。
 
※爪切りをお家でする方は、爪切りもあるといいですが、自信がない方は病院などで切ってもらいましょう。 

 

 
 
これもあると便利!
ワクチン終了まではシャンプーできないので、水のいらないシャンプーがあると体臭の軽減になります。
 

おもちゃ

音の鳴るおもちゃ、噛んで遊ぶおもちゃ、転がして遊ぶボールなど様々です。

ワンちゃんの好みに合わせてそろえましょう。

 

首輪&リード

お散歩は、ワクチンがすべて済んだ生後4ヵ月頃からになります。

お散歩デビュー当日に首輪やリードを付けると、それが気になってお散歩にならないことがあります。

お家の中で 、首輪とリードに慣らす練習をしましょう。

初めは、布製の軽いものの方がワンちゃんも抵抗なく付けてくれます。

 

番外編:キャリーバッグ

小型犬の場合、車移動や、動物病院に連れて行く際にあると便利です。

絶対必要ではないため、生活スタイルに合わせて選びましょう。

布製のものとプラスチック製があります。

布製はおしゃれなものが多いですが、汚れたときの掃除が大変です。

プラスチック製は見た目シンプルですが、お掃除がしやすいのでおすすめです。

 

f:id:ietatemama:20200318143547j:plain

 

まとめ 

ペット用品は可愛いものが多くて、迷いますよね。

初めは最低限のものをそろえ、ワンちゃんの性格や生活スタイルに合わせて徐々に増やしていきましょう。 

 

www.myhome-mama.work

www.myhome-mama.work