子育てママの家づくり

工務店で建てるアメリカンハウス

子犬の甘噛み|しつけ方法をドッグトレーナーが教えます

f:id:ietatemama:20200418170635j:plain

ご訪問ありがとうございます。

可愛い子犬をお家に迎え、しばらくすると「甘噛み」に悩むことは多いですね。

成長とともになくなる場合もありますが、エスカレートして「本噛み」をするようになると大変危険です。

小さいうちからしっかりしつけをしましょう。

 

甘噛みの原因

歯の生え変わりでむずがゆくて噛む

子犬は生後6か月頃から乳歯から永久歯に生え変わります。

その頃になると、歯がむずがゆくて噛むことが多くなります。

歯が生え変わると、甘噛みも自然と減る場合が多いです。

遊びで噛む

退屈して遊びで噛むことはよくあります。

ストレスで噛む

運動不足や愛情不足などがストレスとなり、噛むことはあります。

エスカレートすると、自分のしっぽや足を噛んで紛らわすこともあります。

甘噛み5つのしつけ方法

噛んでもいいおもちゃを与える

噛んでもいいロープやちょっと硬めのおやつを与えましょう。

噛むことでむずがゆさやストレスを解消することができます。

ワンちゃんの体の大きさや好みに合わせて選びましょう。

 

↓おもちゃなら「ロープ」などがおすすめです

 

↓おやつなら「牛のひづめ」がおすすめです。

ガムと違ってなかなか減らないので、長持ちします。

好みがあるので、あまり興味を示さないワンちゃんもいます。

 

噛まれたら無視する

噛まれたら声を出さず無視しましょう。

(痛いですが我慢です)

 

「噛んでも遊んでくれない」と覚えさせることが大切です。

 

遊んでいる最中に噛んできたら、すぐにサークルに戻しましょう。

この時、飼い主さんがワンちゃんに背を向けると、より効果的です。

f:id:ietatemama:20200430155429j:plain

マズルコントロールをする

噛まれたら、ワンちゃんの口を片手または両手で押さえて、「だめ」「いけない」と低い声で叱りましょう。(マズルコントロール)

 

母犬は、マズル(鼻先)を噛むことによって、子犬にしつけをします。

その習性を活かしましょう。

 

最初はワンちゃんが抵抗するかもしれませんが、マズルを持っても抵抗しなければ、ワンちゃんが飼い主さんをリーダーと認めている証拠です。

短吻犬種(鼻ぺちゃ犬)は掴みにくいですが、頑張ってください。

 

大事なのは、低い声目を見て叱ること。

 

ワンちゃんとにらめっこ

 

ワンちゃんの世界では、先に目を逸らした方が負けというルールがあります。

ワンちゃんが目を逸らすまで、にらめっこしてください。 

 

※逆に知らないワンちゃんをじっと見つめると「喧嘩を売ってる」と思われるので、注意しましょう。

 

f:id:ietatemama:20200430155408j:plain

 

苦い味のスプレーをかける

苦い味のスプレーを飼い主さんの手にかけ、「噛んだら嫌なことがある」と覚えさせましょう。

お酢を薄めてスプレーしてもOKです。

 

↓苦い味のするスプレー「ビターアップル」

 

こぶしを口の中に入れる

甘噛みされたとき、痛いと思って手を引くのはやめましょう。

ワンちゃんは本能で逃げるものを追う習性があるため、追いかけて噛もうとします。

また、歯が当たった状態で手を引くと、歯が食い込んで深いケガをすることがあります。

 

手のひらを「ぐー」にし、あえて口の奥の方に入れます。

そうすると「おえっ」となり、噛むのをやめます。

甘噛みのしつけでこれはNG

「きゃ~」とか「痛い~」と騒いだり、逃げると、ワンちゃんは遊んでくれていると勘違いしてしまいます。

噛まれても平静を装いましょう。

f:id:ietatemama:20200420162922j:plain


 

 

まとめ

乳歯で噛まれると意外と痛いですよね(>_<)

でも将来のことも含め、小さいうちからしっかりしつけをしましょう(*‘ω‘ *)

 

www.myhome-mama.work

www.myhome-mama.work