子育てママの家づくり

工務店で建てるアメリカンハウス

【小学生水筒】低学年水筒の大きさはどれくらい?水筒選び4つのポイント

f:id:ietatemama:20210614105643p:plain


ご訪問ありがとうございます。

 

現在、小学2年の息子がいます。

季節に応じて水筒のサイズを変えています。

 

小学生低学年の水筒選びのポイントをご紹介します。

 

小学生低学年の水筒選び4つのポイント

水筒選び4つのポイント

①水筒の大きさは0.5L~0.8Lくらい

軽い水筒で荷物軽減

保冷効果で熱中症対策

④登下校中も飲めるダイレクト飲み

①水筒の大きさは0.5L~0.8Lくらい

1つの水筒を通年利用してもいいですが、夏用とそれ以外の季節で2つあると便利です。  

f:id:ietatemama:20210614110531j:plain

 

【春・秋・冬の水筒】0.5Lくらい 

学校までの距離やお子さんの飲む量に応じて0.5Lを目安にサイズを選ぶといいと思います。

うちは学校までの距離があるので0.62Lを使っています。

 

【夏の水筒】0.8Lくらい

真夏は0.8Lでも足りないこともあります。

しかし、それ以上の大きさは重すぎるので低学年には0.8Lが限界です。 

②軽い水筒で荷物軽減

小学生は荷物が多いです。

「置き勉」が推奨され、宿題のみ教科書を持ち帰るようになっていますが、それでも金曜日の帰りと月曜日の朝は、大人が持ってもかなりの重さ(>_<)

ですから水筒はとにかく「軽い」のが一番です!!

 

荷物多い問題についてはこちら。

www.myhome-mama.work

 

③保冷効果で熱中症対策

特に夏は保冷効果のある水筒は必須です。

下校時間は15時くらい。

一番暑い時間に歩いて帰ってくるので、熱中症対策のためにも保冷は必須ですね。

④登下校中も飲めるダイレクト飲み

登下校に飲むこともあるので、コップよりもダイレクトにさっと飲めるのは大事です。

 

春・秋・冬の水筒(大きめ):象印の0.62L

夏以外の季節もよくお茶を飲むというお子さんには、これくらいの量がおすすめです。

 

長男が冬用に購入したのが「象印」の0.62Lの水筒です。

2wAYで、ダイレクト飲みとコップ飲みができます。

f:id:ietatemama:20201125134847j:plain

①冬にちょうどよい大きさ

大きさは0.62L。

f:id:ietatemama:20201125134909j:plain

②軽い

空の状態で重さは312g~314g

※キャップによって重さが少し変わります。

f:id:ietatemama:20201125132739j:plain

③保温・保冷

ダイレクト飲みは保冷専用。

コップに付け替えると保温・保冷両用になります。

・保冷効力:8℃以下(6時間)

・保温効力:77℃以上(6時間)

f:id:ietatemama:20201125132944j:plain

④ダイレクト飲みできる

 唇で飲み口をふさぎにくい斜めカット設計になっています。

f:id:ietatemama:20201125133051j:plain

⑤サビに強い

内面のフッ素コートが2倍だから、サビに強くスポーツドリンクもOK‼

飲み口(せん)とコップは、抗菌効果の高い銀イオン(Ag⁺)配合で菌の発生を抑制します。

⑥お手入れ簡単

広口で洗いやすくなっています。

f:id:ietatemama:20201125134931j:plain

 

ダイレクトのフタは分解して洗えます。

f:id:ietatemama:20201125133230j:plain

⑦ポーチ付き

ポーチはネームプレート付き。

取手も付いているので手で持ったり、首にぶら下げたりできます。

ポーチは洗濯ネットに入れて手洗いできます。

f:id:ietatemama:20201125133303j:plain

春・秋・冬の水筒(小さめ):スケーター0.47L

夏以外の季節、そんなにお茶を飲まないというお子さんには、スケーターの0.47Lがちょうどよいサイズです。

柄も豊富でカバー付きもあります。 

f:id:ietatemama:20201130083929j:plain

 

0.47Lで重さは254g

f:id:ietatemama:20201130112132j:plain

 

シンプルが好きなお子さんはこちらがおすすめ。

夏の水筒:サーモスの0.8L

夏に愛用している水筒は「サーモス」の0.8Lの水筒です。

こちらも、軽い、保冷、ダイレクト飲み、広口で使い勝手抜群です。 

右を見ても左を見ても「サーモス」。

小学生の「サーモス」使用率高めです。

f:id:ietatemama:20210612185758j:plain

 

①軽い

サーモスの水筒は0.8Lで285ℊ超軽量です。

f:id:ietatemama:20210612185817j:plain

 

②高い保冷効果

6時間後で10℃以下の高い保冷力なので、夏の下校時も冷たい状態が保てます。

 

③ダイレクト飲み

登下校中もさっと飲めるダイレクト飲みです。

f:id:ietatemama:20210612185844j:plain

 

パッキンは表と裏にそれぞれ1つずつです。

f:id:ietatemama:20210612185854j:plain

④スポーツ飲料OK

スポーツ飲料も入れられるので、暑い日に役立ちます。

 

⑤広口で洗いやすい

4.5㎝の広口なので、氷を入れたり、洗うのも楽々です。

f:id:ietatemama:20210612185909j:plain

 

⑥2WAYの水筒ポーチ

肩にかけてショルダーで使用したり、手で持って使用できます。

厚底でしっかりした造りの専用ポーチです。

f:id:ietatemama:20210612185928j:plain

 

⑦名前シール

フタの上部に名前シールが貼れるようになっています。

付属のシールは4種類あるので、好みで選べて嬉しいですね。

f:id:ietatemama:20210612185941j:plain

 

 

 

まとめ

荷物を軽くするために冬用を買ったのに、夏用の方がわずかに軽かった事実が判明。

水筒自体コンパクトになったので、見た目で軽く感じるかな?

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました(*‘ω‘ *)