子育てママの家づくり

2019年に「FPの家」でマイホームを建てました。

【Web内覧会】お風呂|折れ戸から引き戸にしてお掃除楽々

f:id:ietatemama:20200214121637j:plain

 

ご訪問ありがとうございます。

今回は、お風呂のご紹介です。

最初に申し上げますが、お風呂はいたって「ふつう」です(;'∀')
プライベート空間なので、やはりここで「節約」のしわ寄せが来ました。

というわけで、使い勝手や汚れ具合などをご紹介したいと思います。

お風呂:TOTO「サザナHSシリーズ」

 【お風呂】

・メーカー:TOTO「サザナHSシリーズ」

・浴槽:ジュエリーホワイトN(人大浴槽)

・浴槽エプロン:ジュエリーホワイトN(人大エプロン)

・壁(アクセントパネル):アロマブラウン

・壁(周辺パネル):プリエホワイト

・床:ホワイト(石目)

・カウンター:ホワイト

f:id:ietatemama:20200208191115j:plain

お風呂:TOTO「サザナHSシリーズ 」

TOTO「サザナHSシリーズ」3つの便利な機能

魔法びん浴槽

浴槽断熱材と高断熱のふろふたによる断熱構造で、保温が持続するのが特徴。

パパの帰りが遅くて、お風呂の時間がバラバラでも安心ですね。

(追い炊きはした方がいいです)

f:id:ietatemama:20200208172553j:plain

出典:TOTOホームページより

エアインシャワー

水に空気を含ませるので、少しの量でもたくさん水が出ているように感じる機能。

毎日のことなので、節水効果はうれしい機能です。

f:id:ietatemama:20200208172714j:plain

出典:TOTOホームページより

ほっからり床

床の内側がクッション層になっているので、柔らかさと断熱の効果があります。

柔らかいので、万一子供が転んでも少しは安心です。

冬場は、従来の床に比べるとひんやり感は少ないように思います。

 

ただ、床が小さな格子になっているため、溝に汚れがたまりやすく、カビがすぐに現れる気がします(>_<)

お掃除しやすいカウンター

壁とカウンターの間に隙間が空いているので、汚れがたまりにくく、掃除のときも手が入るので、お掃除が簡単です。

f:id:ietatemama:20200208192741j:plain

カウンター

お掃除楽々&転倒防止の3つの追加オプション

折れ戸から引き戸に変更で約90,000円増額

標準仕様は折れ戸でしたが、アパートでの折れ戸掃除が結構大変だったので、掃除が楽な引き戸を採用しました。

追加料金を見て、「えっ、そんなにかかるの?」と正直思いました(;'∀')

f:id:ietatemama:20200208185759j:plain

引き戸

浴槽エプロンを人大に変更 で約30,000円増額

浴槽エプロン(浴槽の横側)がプラスチック仕様でしたが、水あかそうじの大変さから、人大エプロンに変更しました。

使用してみて、やっぱり汚れも付きにくく、汚れがついてもすぐ取れます(*^-^*)

 

人大仕様は、表面がはっ水・はつ油クリア層に覆われていて、水や皮脂を弾き、汚れを落としやすくしているものです。

f:id:ietatemama:20200208190239j:plain

浴槽エプロン

スライドバーを手すり仕様に変更

スライドバーは、シャワーをかける棒のことです。

標準仕様では、手すりほどの強度がないそうで、老後を見据えて手すり仕様に変更しました。

現在は子供が浴槽に入るのに重宝してます。 

知らなきゃ損!マイナスオプション

オプションというと、一般的には追加料金のかかるものがほとんどですが、実はマイナスオプションというものも存在します。

我が家は、ミラーを一番小さくしてマイナス3,000円。

物置の段数を3段から2段に減らしてマイナス2,500円でした。

わずかですが減額になります。

そのあたりにこだわりがない方は、ぜひ(#^.^#)

f:id:ietatemama:20200208190739j:plain

マイナスオプション:ミラー、物置

 次回の内覧は、「洗濯室」を予定しています。