子育てママの家づくり

2019年に「FPの家」でマイホームを建てました。

ウルトラマンになりたい次男と妄想の戦いに巻き込まれる長男

ご訪問ありがとうございます。

 

今日は、次男の妄想の戦いとそれに巻き込まれる長男のお話です。

 

 

子供たちの紹介

長男 6歳

レゴブロックや工作など作ることが大好き。 

次男 4歳

ウルトラマンや仮面ライダーになりきり、怪獣と戦うことが大好き。

 

性格は真逆ですが、二人の唯一共通の趣味は恐竜です。

戦隊ものに目覚めた次男

戦隊ものに興味を持ち始めたのは、次男が2歳半の頃。

誰が教えたわけでもないけど、自然と好きになってました。

 

確かに赤ちゃんの頃から、ソファに上り、わざと頭から落ちるのが大好きでした( ;∀;)

(もちろん床にクッションは置いてあります)

 

でも、長男は戦隊ものに興味がなかったので、ママも全くの無知状態。

必然的に、ウルトラマン、仮面ライダーをコツコツ勉強しなければいけません。

ウルトラマン・仮面ライダーもちょっと分かりかけた途端、まさかのシリーズ終了( ゚Д゚)

こういうのって、1年くらいでシリーズが変わるんですよね。必死について行く親は大変です。

でも、新しい世界を教えてくれた子供たちには感謝です。

f:id:ietatemama:20200214123658j:plain

妄想の敵との戦い

次男は、仮面ライダーベルトを付けて、剣や銃を持ち、見えない敵と戦います。

仮面ライダーベルトで変身するときは、「自分は強いぞ!かっこいいでしょっ!」というオーラがすごいです。

戦い方も3通りほどあります。

「ウルトラマンバージョン」、「仮面ライダーバージョン」、「トイ・ストーリーバージョン」。 

f:id:ietatemama:20200214114132j:plain

階段は、いつも最後の2段くらいを「トォッ」と掛け声とともにジャンプし、ポーズを決めて着地。

でも、時々着地に失敗して床で顔を打ったりしてます( ;∀;)

失敗したのが恥ずかしいのか、こっそり冷凍庫から保冷剤を取り出し、自分で顔に当てて静かに反省。

戦いに巻き込まれるのは長男と……。

そして、次男のこの戦いに時々長男が巻き込まれます。

意気揚々と剣を振り回すと「ぎゃ~」と長男の悲鳴が。

強気の戦士も、ちょっと弱気に「ごめんね」と謝ります。

長男の「いいよ」と仲直りの言葉を聞くと、再び孤独な戦いが始まります。

そしてまた「ぎゃ~」と悲鳴。

あまりにひどいと、長男から反撃を受け、今度は次男が「ぎゃ〜」。

そんな繰り返しです^_^;

 

もう1つこの戦いに巻き込まれているのが、和室の壁です。

遠くから走ってきて、ちょうど和室の壁辺りで怪獣を持って戦ってます。

和室のクロスに怪獣の色が付いたり、傷が付いたり。しかも取れない(-_-)

まさかこんなところが汚れるなんて、思わぬ誤算です。

f:id:ietatemama:20200214114208j:plain

筋肉を付けたい

そして、最近の次男の目標は「筋肉を付けること」。

ご飯を食べ食べ終わると、

次男:「筋肉付いたかなぁ」

服をペロッとめくり、ぽよ~んとしたおなかを見せてきます。

ママ:「う~ん、まだかな」

すると息を吸っておなかをへこませ、

次男:「これでどう?じゃ、筋肉付ける!」

と、部屋の中を走り回ってます。

 

 

我が家の小さな戦士も、寝ているときは天使です🌟

 

子供って、本当におもしろいですね(*^-^*)

 

最後までお読みいただきありがとうございます。