子育てママの家づくり

2019年に「FPの家」でマイホームを建てました。

転勤族が2019年にマイホームを建てました。

ご訪問ありがとうございます。

 

我が家は転勤族。

賃貸かマイホームか……。

悩ましい問題です。

家族会議を重ねた結果、我が家はマイホームを建てることにしました。

 

 

マイホームを検討したきっかけ

マイホームを検討し始めたのは、長男3歳、次男1歳のころでした。

転勤があるから、ずっとマイホームは考えないようにしていました。

でも、長男が幼稚園に通い始め、お友達と楽しそうに遊んでいる姿を見て、

「各地を転々と移り住む生活でいいのかな?」という思いがよぎり、

もう一度将来について真剣に考えるようになりました。

 

子供には子供の社会があります。

大人では教えられないことを子供同士で学んで成長してくれます。

おもちゃの貸し借りや、「ありがとう」のあいさつ、「ごめんね」の仲直りなど。

長男も時にはお友達ともめることもありました。

でも、それを乗り越えてお友達からたくさんのことを学ぶことができました。

だから、子供の社会を大切に尊重してあげたいと思います。

 

賃貸&転勤先についていく場合

メリット

・家族が一緒に過ごせる

デメリット

・子供が転校を繰り返す
・退職後も賃貸の家賃を払い続ける
・退職後にマイホームを建てるのは、金銭的に厳しい
・見知らぬ土地での育児に不安 

f:id:ietatemama:20200110133446j:plain

   

マイホーム&単身赴任の場合

メリット

・子供が転校しなくてすむ

・子供に資産を残せる(マイホームは資産)

・実家が近い

デメリット

・家族がバラバラになる

・2重生活は出費が多い

 

マイホームに決めた!

子供のことを最優先に考えました。

転校を繰り返すと、環境の変化による精神的負担や勉強の遅れなどが心配です。

せっかく仲良くなったのに、親の都合でお友達とお別れさせるのはかわいそうだなという思いから、転校をさせない選択をしました。

 

何が正解かは、いまだに分かりません。

息子たちは、パパが大好きです。

だから、息子たちとパパを引き離すのも心苦しいのは事実です。

それでも、我が家の出した結論はマイホームでした。